同性とも異性とも会える、出会いのツールがある

オフ会という共通の趣味を持った人の集まり

オフ会という言葉を聞いたことがありますか。
オフ会を知っている、参加したことのある人がいるかもしれません。
オフ会は同じ趣味を持つ人たちの集まりですが、サークルとは少し異なります。
もともと顔を合わせて何か活動しているわけではなく、個人のホームページや掲示板などで知り合った人たちが実際に集まることです。

何か趣味を持っていても、同じ趣味の人が社内など身近にいるとは限りません。
インターネットが普及すると、何か趣味を持っている人は特定のホームページに出入りするようになります。
趣味関連のコミュニティに入って情報交換することも。
そこで常連のユーザーと知り合い、やりとりが続きます。
管理人などの呼びかけで、実際に集まることになるのがオフ会です。

趣味と言っても、その種類はとても豊富。
参加するのは共通の趣味を持つ人たちで、趣味の内容によりますが年齢や性別はさまざまです。
普段は接点がないけれど、趣味が同じなので話が弾むというのが面白いところと言えます。
趣味を通して、年上の人から仕事のアドバイスをもらう機会があるかもしれません。
オフ会がきっかけで仲良くなった人も多いでしょう。
顔が見えないネット上のやり取りではなく現実世界で顔を合わせると、また違った面白さがあるはず。

お互いに情報交換の場として、定期的にオフ会を開いている人たちもいるようです。
それぞれの都合があり、全員が集まるのは難しいのが現状でしょう。
それでも定期的に開催して、共通の趣味を持つ人と話せるのは楽しいものです。

オフ会を楽しむためには、マナーや注意も必要です。
もともとはネット上で知り合った人なので、注意するに越したことはありません。
たとえばオフ会のために連絡を取り合うときは、普段使っているメールアドレスなどをすぐに公表しないようにしましょう。
オフ会で会話が盛り上がったとしても、連絡先の交換は慎重に。
すぐに個人情報を教えたり、1対1で会ったりしないように気を付けることが大切です。

思わぬ事件やトラブルに巻き込まれてしまうと、せっかくのオフ会が嫌な思い出になります。
嫌な思いをしないためにも、初めて参加するときは1人ではなく友人と一緒に行くなど複数で参加するようにしましょう。
いくらネット上で親しく話していたとしても、1人だけで知らない人たちのところへ行くことは危険です。
どこで開催されるのか、時間帯は何時頃なのかといった点もチェックしておくと安全です。
遠方であったり、個人宅へ行くことはやめるべきです。
時間帯も休日の昼間のように、できるだけ明るく人の多い時間を選んでください。
特に女性の場合は、男性が多いなど参加者に偏りがないか確認することも忘れずに。