同性とも異性とも会える、出会いのツールがある

異業種交流会はビジネスで活用

異業種交流会は、大別してビジネス系と出会い系の二つの種類に分かれています。
ビジネス系は文字通りビジネスマンなどが異なる業種の人たちと交流することで人脈構築を図ったり、自分と異なる種類の考え方に触れることによって自分のビジネスに活用出来る発見を求めたり、コミュニケーション能力の向上などを目的として開催されます。
出会い系は文字通り異性との出会いを目的として開催されるものです。
どちらの異業種交流会も企業に勤めるビジネスマンだけでなく、個人事業主にも活用されています。

個人で経営を続ける個人事業主にとっても企業で働くビジネスマンであったとしてもどちらも異業種交流会は有用性が高いと言われています。
その理由として、人脈が構築出来る可能性があることや例え継続的な人脈構築・発展にまで至らなくても普段は触れることのない異質な存在と関わることで、価値創造に関係する革新的な着想・発想が生まれることがあるということです。

また、自分の存在している企業や関連団体では常識であったことが他企業・業種では必ずしも当然ではないということがあります。
別業界で当然でないことを知ることにより、自分の所属する業界での慣行を見直す力を付けたり、反省したりすることのきっかけとしても作用し得ます。
このような観点までに至るには、単純に挨拶して雑談を交わす程度ではなく、深く突っ込んだ議論を展開できるまでにまで至らなければなりません。
食事をして、議論が弾むということもありますので、ランチやディナーなども活用して交流を深めると良いでしょう。

個人として有用であるというだけでなく、企業にとっても有益であると考えられます。
個人が異業種交流会で得た知見は所属する企業や業界、また、他業界にまで影響を及ぼし、よりよい社会の構築に役立つと考えられます。

ただ、気を付けなければならない点もありまあす。
異業種交流会を利用して自分の利益だけを考えるような人から思わぬ勧誘を受けることがあります。
自分の利益ばかり考えて他人の利益を考えられない人と交流をしていても自分が得られる利益はほとんどありません。
時は金なりとも言います。
話をしてみて自分へのメリットがあまりにも少ないと考えられる人とは距離を置くようにした方が賢明です。

メリットも多く存在する異業種交流会ですが、デメリットも存在します。
いくつかの異業種交流会に参加して自分に合う会を見つけ活用しビジネスに活かしたいものです。